エスコートアガシ明洞がお勧めする東大門のタッカンマリ通りとは?おすすめの人気店や行き方を紹介!

これからはチョイスした韓国アガシとデートを楽しむ時間です。まず、美味しいもの食べに出発!きれいなエスコートアガシが案内して一緒に食べたので、喜びは2倍!

タッカンマリ通りは、韓国東大門(トンデムン)駅近くにある路地裏のような通りにあります。タッカンマリ通りは美味しいタッカンマリが食べられるお店が多数点在し、多くの観光客も訪れる韓国のちょっとしたグルメ街となっています。今回は日本人にもおすすめのタッカンマリが食べられる、人気店の基本情報をまとめました。行き方や特徴なども併せてご紹介いたします。

人気韓国料理「タッカンマリ」とは?

 

「タッカンマリ」とは日本語で分かりやすく言えば「鶏の水炊き」。その名の通り鶏1匹が丸々鍋に入れられた、迫力のあるお鍋です。韓国料理と言えばキムチや豆板醤などの辛いイメージですが、タッカンマリ自体は、鶏のコラーゲンがたっぷりでた優しい味わいのスープなので、辛いのが苦手な方にも優しく美味しい料理です。

「タッカンマリ」の具材は主にじゃがいも、長ネギ、トッ(韓国餅)ですが、お店やそれぞれの家庭で入れられる物が多少変わります。鶏ベースのスープにたっぷりのニンニクが入っていて、寒い日に身体の温めるのにぴったりの料理です。辛いのが好きな方はここに辛味をいれたり、健康志向の方は漢方を加えたり、それぞれ自分の好みの味に仕上げることができるのが魅力的です。

 

東大門タッカンマリ通りの人気店1:陳玉華ハルメ元祖タッカンマリ

 

日本のメディアにもよく取り上げられる有名なタッカンマリのお店「陳玉華ハルメ元祖タッカンマリ」です。1978年創業の歴史あるお店で、建物は何と3階建てというタッカンマリ通りのお店の中でも、かなりの大型店です。ですが、夕食時になると3階まで埋まってしまい待ち時間ができるほどの人気のお店です。行き方は、地下鉄4号線東大門駅9番出口から徒歩5分程で、大きな看板が目印です。

基本的な鶏の水炊き(タッカンマリ) は1羽 20,000ウォンとなっています。毎日新鮮な鶏を仕入れていて、鶏独特の臭みのない上品なスープが特徴です。15分ほど煮込むと、最初は薄かったスープがだんだん白濁してきます。鶏の濃厚なスープが溶け出している証拠です。お店の人が、丸ごと鍋に入った鶏をはさみで切り分けてくれます。

追加メニューですが、クッスサリという麺を追加するのがおすすめです。鶏だしたっぷりのスープに、こちらの麺をいれて、さっと煮込みます。麺よりご飯が好きな方は、ご飯を入れてタッカンマリの雑炊にしていただくのもおすすめです。ぜひ〆までしっかりいただいて、韓国のタッカンマリを満喫しましょう。

 

住所:ソウル特別市鍾路区鍾路5街265-22 東大門タッカンマリ横丁内

 

エスコートアガシ紹介は「エスコートアガシ明洞」が誰よりも有名です。韓国エスコートアガシを紹介するのは、誰でもできますが、最高の韓国アガシを紹介するのは「エスコートアガシ明洞」が最高です。

Leave Your Comment

Your email address will not be published.*